About me

Miyuki Cotter  コッター 美由紀

インテリアコーディネーター
二級建築士

私の経歴

福島県出身

子どもの頃から、絵を描くことが大好きで、小学生の頃から絵画教室に通い、高校からはアトリエに通っていました。

高校卒業後、女子美術大学芸術学部絵画科に入学。

大学在学中、工芸や環境デザインなど、人が使う「物」や「空間」のデザインに興味を持つようになり、インテリアコーディネーターという仕事があるということをこの頃はじめて知りました。でも、まだこの頃は教師になりたいという夢もあり、教員採用試験の勉強を頑張ることに・・・。

幸運にも、地元の中学校美術教員として採用されました。

教師はとてもやりがいのある仕事ではあったのですが、年々、インテリアコーディネーターになりたいという気持ちが膨らみ続け・・・、27歳で結婚すると同時に教師を辞める決断をしました。

教える立場だった私が、再び学生に戻り、2年間、専門学校で設計とインテリアコーディネートを勉強。

専門学校を卒業後は設計事務所でバイトし、その後、正社員として小さなリフォーム会社に入社。

33歳で娘の妊娠・出産を機にリフォーム会社を退社、その後、育児に専念することに。そして、36歳で二人目を出産しました。

できるだけ早く住宅の仕事に復帰したいと思い、上の子が幼稚園の年中、下の子が1歳になったころからパートで住宅関係の仕事を再開。

でも、住宅業界で働こうと思うと、残業、土日勤務は避けては通れないのが現実。実際、私も子供ができてからは選べる仕事には限りがありました。インテリアコーディネーターとして働きたいけど、子供達と主人との時間は犠牲にしたくない。

というわけで、今は仕事は辞め、家族との生活を優先するため、主婦をしながら我が家(中古マンション)の家づくりをしています。

 

私の家族

 

現在、旦那さん、10歳(長女)と7歳(長男)の二人の子と私の4人家族。娘も息子もハーフですが、日本で生まれ、育ちました。いつかアメリカで生活もしてみたいなぁとは思うのですが、今のところ予定はありません(笑)

旦那さんはアメリカのシカゴ出身。中学校で教員をしていた頃に知り合い結婚、そのまま日本にずっと住んでおります。早いもので、在日20年近くなります。

うちの旦那さん、私の影響か、最近になってDIYにはまっています。かなりこだわり派なので私より仕事は丁寧。どうせやるならプロ並みの仕事をしたいそうです。

 

 

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存